FC2ブログ

プロフィール

smmadoka

Author:smmadoka
千まどか

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

| TOP |


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月10日~12日

b493f28225fbbe5888ae535798c8860c.jpg
写真は葵女王様。前回「SMがしたいなぁ」と書いてみたら、3月10日~12日、六本木・奴隷の館より葵女王様と麗夜女王様がゲスト在籍されます。みんな!良い子にして願えば叶うものよ。良い子にするのよ(笑)
さて、SMクラブ・スレイブのHP作成はセンス無いんですが私が作ってます。アッチコッチの風俗検索サイトやSMサイトにスレイブを相互リンクさせようと思ったら、最近は「交付年月日・交付番号 届出の公安委員会及び警察署」とか記載する必要があったり。でも、ちゃんと届出出してるってわかる店の方が在籍する子も御客様も良いですよね。スレイブの担当さんに「交付年月日・交付番号 届出の公安委員会及び警察署」教えて貰いました。細かい事を聞いてなかったので届け出の再確認が出来て安心。県外からゲスト所属される方が安心できる返答を私が出来る様にしてた方が良いもんだと思いました。

... READ MORE;

SMがしたいなぁ・・・

d28.jpg
コテコテなSMプレイがしたい今日この頃です。

何かを求めるとして思う事

92.jpg
「SMは信頼関係が必要」とあるけども普通に何事も信頼関係が必要かと思います。Mの方も「信頼関係が必要だから怖い」と言いながらもSへの信頼を得ようとする人は少なかったり。自分の趣味、趣向、願望を説明するのは必要ですが、説明を通り越し押し付けになったり相手の趣味、趣向、願望を聞き入れない方も実は多かったり。そして金銭の発生しない精神的な繋がりを求める人も多いのですがSMクラブ以上のプレイ内容を注文してくる人も多かったり。受身のMが出来る出来ないプレイ内容を説明するのは大切ですがSの趣向と合わないのに無理強いする人も多かったり。自分の常識は自分の中で。家族であれ個々に常識が異なるのだから他人と気が合うのは結構難しいもの。「親しき仲にも礼儀有り」「楽」と「リラックス」は言葉の意味が違うもの。
J.F.ケネディの言葉で「国が何をしてくれるかではなく、自分が国に何ができるかを考えなさい」
仕事であれば「会社が何をしてくれるのかでなく、自分がその業界に何が出来るか」
人間関係であれば「相手が自分をどう幸せにしてくれるかではなく、自分が相手をどう幸せにできるか」互いに楽しい時間を過ごせないと意味無いかと。
無理はしない程度に互いに思いやる気持ちは普通なんだろうけど普通じゃなくなってしまってたり。理想の相手が見つからないと言う人には深く関係してると思ったり。思わなかったり。私の場合、数回ナニか与えてみて相手がクレクレな利己主義が見えてしまったら「飽きたから」と距離を置きます。その人に飽きたのでなく「与えてみる事に飽きた」という意味。ナニに飽きたのか頭の回転が良い人やマナーある常識を持ってる人であれば気がつくのですが相手を思いやれないクレクレさんは逆ギレしたり(笑)動物に食べ物を与える時、あげるのさえ嫌な時もあれば、何回与えても飽きない場合があるかと。緊縛は飽きないけど・・・。

着衣緊縛

Image1228.jpg
服を着て緊縛することを着衣緊縛と呼ばれてます。私は開店当時から着衣緊縛に拘ってた理由として、衣服が乱れた時の艶めかしいオーラ。裾がはだけ太もも、つま先、身体全身から出る淫靡で羞恥な顔が好きです。そして「衣服を脱がすのは私では無くアナタ」だとメッセージも込めてたり。MがSを選ぶと言いますが、勿論SもMを選びます。人は仕事でも選びます。選んだとこで採用されなきゃダメだし、恋愛でもタイミング見て告白しないと上手く行きません。贈り物でも、相手の都合や趣味を知らないと自己満足で終ってしまいがち。相手のタイミングを見て互いに全身の神経を集中して相手のインスピレーションを読みとる楽しみがSMの楽しさでも有ります。自分本位のパートナー探しをしてしまって、相手の趣味好き嫌いを知り、相手に不快感を与えてないかなど、当たり前の事を忘れがち。余談ですが、ホテルは宿泊する御客様でホテルが作られるといいます。そして身だしなみ・物腰・言葉使いで客層が解るとか。人も同じ事かと思われます。まずは身だしなみ・物腰・言葉使いですかね。そして縄使い。縄使い上手い人は言葉使いも綺麗。指先器用な人は物腰も柔らかいかと。「変態こそ紳士であれ」ですね。

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。